自律神経とホルモンバランスを「仙骨」から改善

骨盤の中心に位置する三角形の骨が「仙骨」です。背骨の内側には「脊髄」という中枢神経が通っていますが、その終着地点はこの仙骨の真ん中まで来ています。

からだの機能面のお悩み、つまり自律神経系(呼吸・心拍・消化・排泄)や内分泌系(ホルモンバランス)の不具合は、この仙骨の内側で固着すると考えています。イメージとしては、脊髄がねじれるように歪んで骨や靭帯で固定されている感じです。

この仙骨についてのアプローチは世の中にたくさんありますが、べったりと固まってしまった靭帯にスキマを作るようにすると、驚くほど緩むことが最近わかりました。脊髄のエンド部分が解放されることで、脊髄全体の緊張ストレスがパッとなくなりますので、全身まで軽くなります。

どんなお仕事でもそうだと思いますが、常に技術は更新されています。過去に60分くらいかけて施術していた内容が、いまでは20分くらいで同じ変化が出せるようになっています。「長い時間やってもらいたい!」という方もいらっしゃると思いますが、僕がやっている整体は時間のサービスではなく、からだに良い変化を起こすサービスです。余計な部分を施術すると回復力が分散してしまうと考えていますので、ちゃんと変化したらそこで施術は終了します。

施術はまったく痛くなく、マッサージよりも低刺激ですが、やはりリラクゼーションと呼べるものではありません。何かを改善したい方におすすめいたします。自律神経やホルモンバランスというお悩みも整体で改善が可能なので、受けてみたい方は是非に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA