手の痺れを「足」から回復

なんだか握力がうまく使えない。ピリピリと感じたり、痙攣するときもある。そんな手の痺れに関するお悩みは、病院に行くと痛み止め、湿布、固定のケアをしてくれます。「脳の問題かも」とドキッとすることを言われたり、「頸椎症」「胸郭出口症候群」「手根管症候群」などの診断名がついたりして、不運にも罹ってしまった症状のように感じるかもしれません。

ですが、整体という療法では「からだのバランスが崩れてしまった結果」として仮説を立てて、ゆがみを整えていくことで改善を目指します。そして、多くの方が改善していく傾向があります。

ただし、腕のラインのゆがみを整えるだけでは、一時的な改善になることがほとんど。実は、手の痺れの根本的な原因は「足」にあることがしばしばです。

一見、関係のなさそうなところですが、足のゆがみがあると立ち姿勢が安定しません。片足重心になり、その姿勢をフォローするように首がゆがんできます。首の骨の隙間が圧迫されて神経の通りが滞り、徐々に手の運動機能を制限していきます。

この場合は足を回復させないと、日常生活を送っている最中にずっと首がゆがみ続けますので、腕のケアをしてもイタチごっこになります。手の痺れに、足のゆがみのケア。これでほとんどの方が回復していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA