腸内環境

金曜日担当の佐藤です!
暖かい日と寒い日の寒暖差が激しい2月ですが、皆さん、体調はいかがですか?
冬は副交感神経の働きが低下して、腸の働きが悪くなったり、気が付かないうちに体内の水分が失われたりして、便秘にもなりがちです。免疫機能の集中する腸内環境が乱れると、感染症や風邪にかかりやすい状態になってしまいます。
脳がストレスを感じると、それが自律神経を介して腸に伝わり、腸の運動に異変を起こします。例えば、運動会や試験の前日や大事な会議の前にお腹痛くなった経験ありませんか?
反対に腸の調子がよいと、脳がリラックスして気分がよくなったり、良質な睡眠がとれたりします。
食事や生活リズムで腸を健やかに保つように心がけていきながら、からだのメンテナンスは、【からだボックス】で(*^▽^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA