食いしばりと歯軋り

みなさま、おはようございます!

ここ数日温かくなってきましたね!公園でのピクニックにハマっている土曜日担当のmakinoです!

突然ですが、皆さんは寝ている時、歯軋りや食いしばりはありますか?

歯医者さんに行った時に、歯が削れているよ!と言われたことありませんか?

日常、歯は食事をしている時約10kgの負担がかかっているそうですが、歯軋り、食いしばりになると持続的に負担がかかるので、ご自身の体重の約2倍から5倍の負荷が歯にかかり続けているそうです!

それは歯も脆くなりますね。

歳を重ねても長い時間自分の歯で美味しいものを食べたいなと思います(о´∀`о)

実はマッサージでもその症状を緩和出来る事があります!頭の横にある側頭筋。実は顎の下に筋肉が付着して咀嚼する時の動きをサポートしてくれている筋肉なのです!

また耳の下にある分厚くて力強い存在の咬筋。まさしく噛む為に顎の動きをしっかりと主動している筋肉です。

まだ歯軋りや食いしばりに関係する筋肉はありますが、その主要な筋肉をオイルを少量つけて緩める事もできるんです(((o(*゚▽゚*)o)))♡

からだボックスは小林歯科クリニックの中にあります。歯を美しく長く使うために診察と合わせてお顔周りの筋肉のケアをしませんか(o^^o)

皆様のお越しをお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA