”触れる”という事

みなさんこんにちは!土曜日担当のmakinoです。

今日は少し私の自己紹介をします☆

私がセラピストを始めたきっかけは接客に関心があり、おもてなし重視のスパに勤務したのがきっかけでした。

それまでは自分の身体について無頓着でスポーツをしていても、マッサージなど受けたことなかったんです。

研修が進んでいく中実際にお客様に触れ手順通りにマッサージをしていく。

まだまだ技術力は足りないはずなのにお客様が「ありがとう、なったよ」と喜んでくださるのです。

自分の中で嬉しさと同時に何か不思議な感覚になりました。一体どいうことなんだろう…。

そんな中施術をしているとふと、私はこのお客様に触れている。

この人に触れているということ=命そのものに触れているんだ!!

と急にこのセラピストの仕事の重大さ、責任の重さを感じることが出来ました。

他に人の身体に触れるお仕事といえば、お医者様、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士など国家資格が必要な中、セラピストは自分の意志ででお仕事にすることが出来ます。

だからこそ、これからも身体や心に関する学びを深めていく必要もあると感じます。

人の身体に触れることで心を通わせ、数字や目にははっきり見えないけれどお客様の心や体が楽になり、本来の力が出せるようにサポートできるなんて本当に素敵なお仕事だと誇りに思います。

ますます身体の声に耳を傾けることができるよう自分を高めていきます!どうぞよろしくお願い致します(^-^)

毎日が慌ただしく様々なストレスの中生きている私達、つい自分の身体よりも別のことを優先してしまうことがあるかもしれません。しかし、病気になってしまっては後の祭りです。身体は変わりが利きません。

そうなる前に身体や心の息抜き・メンテナンスをしていきましょう!

私達からだボックスのセラピストは今週も元気に皆様がいらっしゃるのをお待ちしております(^0^)/

makino

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA