元気がない子供のからだに起きていること

歯列矯正は一般的になりました。子供の将来のために今からやってあげたい。そう考える親心は素晴らしいものです。ところが、「からだの歪みを今のうちに」と考える方はまだまだ少ないように感じられます。

僕の整体では歪みの歴史を巻き戻していきます。受けたことのある方はわかると思いますが、筋肉をマッサージすることはほとんどありません。歪みを整えていけば筋肉もふにゃふにゃになりますし、可動域はグングンと変わります。終わるとからだはスッキリし、こころも元気になってきます。

受けたほうが良い回数は人によって変わります。歪みの歴史が長い人ほど、整体でリカバリーするには回数が必要になります。放っておくと手術が必要になったり、完全に回復できないレベルまで歪んできます。肩こり、腰痛で悩んでいる大人はたくさんいますが、そこには必ず固着した歪みがあり、それは幼少の頃からはじまっています。出生時の体験も大きな歪みを生みます。

子供の歪みを簡単に診断する方法があります。それは、元気があるかどうか。他の子供に比べて元気がなかったり、おとなしかったり、運動が苦手だったりする場合、そこには顕著な歪みがあると考えて良いでしょう。歪みによる身体緊張が慢性化していると言えるからです。

一方、癇癪を起こしたり、暴れ回ったり、過活動なパターンもありますが、まずは元気があるかどうか。どんな子供にも歪みのチェックをおすすめしますが、元気がないお子様はすぐにでも受けてみることが必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA