みぞおちからはじまる腰痛

腰痛のクライアントさんに、横隔膜の手技を施すことが多いです。

まずは、おツライ箇所を最初にお伺いしてその場所を確認。ですが、その場所をいきなり施術することはしません。一旦、その主訴を頭から追いやってフラットに全身をスクリーニングします。

そうやってチェックしていくと、みぞおちのあたりに強い緊張を感じることが多いのです。実際に触れてみると横隔膜がバチっと硬くなっていたりします。カラダを支える大きな腰の筋肉がその付近から始まっているので、腰のツラさを感じるのだと推測されます。

その筋肉をゆるめれば腰痛は軽減するので、それで十分だと思う方もいるでしょう。ただし、横隔膜の緊張があるということは、内臓にもそのシワ寄せが行っているということでもあります。みぞおちの辺りは内臓の神経が集束している場所でもあるからです。

腰痛をヒントにして、将来に起こりうるカラダの不調もケアできます。ピンチはチャンス。不調の軽減だけでなく、全身のバランスを改善して、よりエネルギッシュに活動できるようにサポートいたします。

腰痛の原因はこれだけではありません。カラダのバランスをチェックしてみたい方は、どうぞお越しくださいませ。僕のメニューは小児と自律神経をピックアップしていますが、どんな不調でも対応します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA