施術って何回受けるのが普通なの?

「施術を受けても、すぐに効果が戻ってしまうんです」

そんなクライアントさんの嘆きを良く聞きます。これはセラピストとして耳が痛い話。たしかに、カラダのバランスを読み間違えて施術をすると、変化が戻りやすいです。また、一度の施術で変化をさせすぎても逆にバランスを崩してしまいます。

ただ、一回の施術でその変化をずっと継続させることが難しいことも、現実的に存在します。それは、クライアントさんがどれくらいの期間、不調を抱えてきたかによります。不調の歴史が長いほど、その不調をカバーするように筋肉や骨格が形作られているので、期間と回数が必要になってきます。「手首を転んで捻ってから、なんだか首が痛い」と、歴史が短いものは1回の施術で完全復活することもあります。

施術を受けたあとは、「どれくらいの間隔で何回くらい受けたほうがいいですか?」とストレートに聞いてみることをオススメします。仮に「1ヶ月に1回を目安に、2年間くらいかけて変化させましょう」なんて言われたとしたら、「うわー、そんなに根気よく通えない!」と思うかもしれませんが、それなら別の療法を探せばいいのです。

目的がハッキリしないまま、ズルズルと施術を続けていくのはお互いにシンドイです。クライアントは「もしかしたら治るかも?」と期待していて、セラピストは「リラクゼーションだから」と思っていたり、認識の違いもあります。遠慮せずに「今後、良くなりますか?」と質問して、自分が納得できる療法とセラピストで続けると良いのではないでしょうか。

カラダは生き物なので、確実な回数や期間を言えないのも正直なところです。なので、「1ヶ月後にもう一度受けてみて、どれくらい変化が持続しているのかお互いに確認してみませんか?」と提案するのが僕の基本的なスタイルです。2回目からは具体的に目安の回数が言えることがほとんどですし、「他の療法が良いのでは?」と提案することもあります。

さて、こんな話をしたのは、5月中は「2回目半額」のキャンペーンをやっているからです。普段、ボディケアのお店に行くのは「たまに」という人も、短いスパンで施術を受けることでガラッと変化するかもしれません。ぜひ、お越しくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA