子供の緊張を解放してあげよう

子供の頃を思い返してみると、初めての体験にワクワクするのと同時に、緊張の連続だったように感じられます。楽しかった友達との思い出だけでなく、ショックな出来事もありましたし、先生に怒られた記憶も残っています。

経験値が積み重なることで、緊張への適切な対応と冷静な判断ができるようになりますが、子供にとって緊張とは、圧倒的に心身を消耗させるものです。

精神的な負荷は、脳が反応し、自律神経系の緊張を生みます。首が縮み、肩はあがり、お腹が張ってきます。ベッドに横になってみても、カラダが強張って、ベッドとの不自然な隙間がみてとれます。

緊張は身体的なものもあります。生まれたときの関節のゆがみ、転倒による頭への衝撃、股関節のダメージなどがあると、脳がカラダの詰まりにストレスを感じて、全身への緊張信号を送ることがあります。

緊張をほどくテクニックは、少しだけ特殊なアプローチをとります。そっと触れてゆっくりと待ち、筋膜の突っ張りがほどけて神経や血液が元気よく流れるように促していきます。大人になってからの不調も、このような緊張が根底にある場合があります。その緊張を抱えながら骨格がつくられていくので、大人になってからは健全な状態まで巻きもどすのに苦労します。

お子様が健やかな人生を歩めるように、チェックされることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA