カラダのバランスをチェックしてからの施術

カラダには知覚しやすい場所と、知覚しにくい場所があります。

たとえば、内臓の不活性は内臓そのものではなく、近くにある筋肉に違和感としてあらわれます。だから、「背中がツライ」や「腰がシンどい」が、内臓がきていることがあるんですね。この場合、背中や腰の施術は、内臓からのサインを一時的に消してくれますが、再び現れやすくなります。

すぐに元通りになってしまうのではなく、なるべく持続性のある施術をしてもらいたい。そう思う方は、施術の前に全身のバランスをチェックしてもらうことをおすすめします。

全身をチェックすることで、知覚しにくい場所のイレギュラーに気づくことができます。そして、深い部分からカラダをケアすることができます。

慢性的な不調を来している人は、ゆがみが顕著になり、血液の循環力が落ちて、回復しにくくなっています。施術による変化は、運動のようなものです。変化させすぎると体力を奪ってしまい、変化に追いつけなくなります。これまた元通りになりやすくなります。

バランスチェックからのポイントを絞った施術。そういったアプローチが適している人がいます。頭のてっぺんから指先までチェックさせていただきますが、チェックにも便利な技がありまして、数分で終わります。退屈しません。

慢性的な不調は、知覚しにくい意外な場所からはじまっています。「盲点があったから慢性化していたんだ」と気づくと、気持ちまで前向きになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA