顎関節のズレと性格

顎関節のズレは性格に影響します。

試しにワザと顎をズラしてみると表情は険しくなり、不快感が全身に感じられてきます。子供の頃においては、顎まわりの不快感をなんとか発散しようと、暴れ回ったり、何かを強く噛んでしまったりすることもあります。

そんな顎関節のズレは、頭蓋骨の左右のバランスをやさしくセンターに戻すことでスッキリします。「下顎骨」という骨は意外と大きくて、耳の後ろからダランとぶら下がっている大胆な構造になっています。左右のわずかな歪みが顎の緊張を生み、性格が険しく乱暴になってしまうことがあるんですね。

大人においても、顎関節のケアは大事です。顎関節がキレイに開かない方は、それを整えてあげると、険しくなった眉間が和らいでくるかもしれません。

顎関節は「歯科の問題」も考えられます。歯に違和感があると、これまた全身の緊張を生んでしまいますね。僕たち「からだボックス」は「こばやし歯科クリニック」の中に併設されていますので、色んな角度から不調を改善できる珍しい場所です。

歯の定期検診と併せて、お身体の状態もたまに診てもらうと良いのかもしれません。何事も大ごとになってからはリカバリーが大変です。早めにケアすることで、楽しいことだけに全力投球できるようになるのではないでしょうか。

毎週金曜日は、丸山和訓が常駐しています。頭からのアプローチがメインですが、どのような不調でも担当します。

そうそう、12月12日は土曜日ですが、スポットで勤務をしております。今週は12月11日(金)、12月12日(土)が在店です。ご興味のある方はご予約ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA